予備の靴下で調整している

足が臭い時は自分でも分かるので、相手の人も分かっていると思います。
普段は臭わなくても、汗を掻くと何かと混合して匂いを発生させます。
靴下がナイロン製だと蒸れやすく、汗を掻いてしまいます。

暖かいのでいいのですが、デメリットは匂いが出てしまうことです。
靴にも原因があると思いますが、靴はリターン式で変えているので、匂いは付きません。
通気性の良い靴下を履くと、匂いは治まりますが、寒いのがデメリットです。
角質が厚くなる原因は、太るからだと思います。

太ると、皮膚が引っ張られて、頭のてっぺんと足のかかとの皮膚が分厚くなります。
かかとの角質を削ってくれるマッサージ店もありますが、自分でできる角質シェイバーもあります。
粗削りしてから、アタッチメントを交換して、仕上げの目が細かい物にします。
足の匂いには気を使っていますが、なかなか治りません。

靴の中に、ぐしゃぐしゃにした新聞紙を入れて、湿気防止と匂い防止はしています。
比較的に臭わないなぁと思う時は、体が疲れていない時です。
意外ですが、ストレスと関係あるのかも知れません。
蒸れてる時は、確実に臭いので予備の靴下を備えています。
足が臭いのは、あまり好感はもてません。

足の臭いは様々なアプローチで

足が臭いのであれば少しでもしっかりと洗うように心がけるようにしましょう。これだけでも大分匂いというのは改善できるようになるのですが洗い方が問題になるということもあります。どのような足の洗い方をするのかと言いますと指の一本一本を丁寧に洗うということを心がけるとよいでしょう。

そんなことをするだけでどうにかなるのかと思うかもしれませんが要するに指の間に雑菌などが繁殖してしまっているから足が臭くなってきてしまっているという場合が多かったりするので、それをどうにかするために洗うわけです。後は靴下などが注意するべきポイントの一つとしてあります。

5本指のソックスを履くようにするということにしますと臭いが少しは改善される可能性があります。指と指の間の雑菌というのが繁殖しにくくなりますのでそういう意味において非常に優秀な靴下であると言えるでしょう。少しでも靴の匂いなども改善できるのであればしておいた方が良いです。

足云々ということよりもそもそも靴が臭いということもあったりするわけですからそちらの方の改善もできれば問題なく、足の臭いも緩和することができるようになるでしょう。足そのものもそうですがそれに付随するところも確認することです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする